公開履歴
笑顔の女性

アフターピルは、セックスの際に避妊に失敗した時や、あるいは最初から避妊せずに行った場合に、セックス後に服用することで妊娠するのを回避できる緊急避妊薬です。
アフターピルには大量の女性ホルモンが含まれていて、それが体内に入ることで体を妊娠した状態にします。
セックス後72時間以内に服用すれば高い確率で妊娠を回避できます。

ただ、アフターピルによって女性ホルモンが体内に入ると、体に様々な副作用が起こる可能性があります。
軽い症状であれば、頭痛やめまい、胸の張りなどですが、吐き気や嘔吐などの症状が出る場合もあり、特に嘔吐した時に薬も一緒に吐いてしまうと避妊効果が薄れてしまうので、また再度薬を服用する必要がありますが、あらかじめ処方してもらった婦人科で一緒に吐き気止めをもらうか、あるいはもらえなかった場合には市販の車酔い用の吐き止めでも効果があります。

また、希に血栓ができやすくなることもありますが、喫煙者でない場合にはそんな恐れる副作用ではありません。
ただ、タバコの喫煙が習慣になっている人の場合は、アフターピルの服用期間だけは喫煙を控えるか完全に禁煙してしまうことをおすすめします。
タバコを吸うと、タバコに含まれるニコチンが血管を収縮させる作用により血管が細くなることで、アフターピルの副作用の血栓が出来やすくなる作用を相まって詰まりやすくなり、血栓症になるリスクが上昇します。
そのため、処方箋をもらう婦人科に最初に喫煙について相談するようにしましょう。

副作用が続くのは、1日か長くても2日ほどで収まる人が多いようですが、中には1週間も長く続く人もいるので、あまりに副作用がひどい場合にはもう一度婦人科で診てもらうようするのが望ましいでしょう。
また、アフターピルを通販で手に入れる方法もあるため、使用歴がある場合はこちらで購入するのもおすすめです。